夏休みの間だけ、限定を外したい!なんて可能?

限定を付けているだけで、自動車保険は保険料が安くなるなどがあります。

 

出来る限り保険料を抑えるのであれば、通常運転するであろう人を対象にして、保険を設計します。

アイランド01

しかし夏休み、実家に帰る期間だけ親の車の制約を外すことができるならば、そのようにして乗りたいというケースもあるでしょう。
こういった場合には、一時的に制約を外すことも可能です。

 

外した期間のみの日割りで計算され、その分を支払えばいいことになります。

 

また自分自身が自動車保険に加入しているならば、他車運転特約が付加されているかもしれません。
これが付加されているのであれば、その特約からもしもの場合は補償を受けることも出来ます。

 

ただし「他車の場合は通常の80%の補償を限度とする」といった制約が付いていることもあり、契約内容100%の補償が受けられるとは限りません。
万全を期すならば、やはり一時的に使用するであろう車の保険内容を変更し、その期間が終わればもとに戻すというのが順当です。
対物と対人に対する補償のみでよく、車両保険は要らないといったときには、一日単位で補償する「自動車運転者損害賠償責任保険」いわゆるドライバー保険もあります。

 

近頃では車両保険にも対応している商品も出ていますが、割高感は歪めません。

 

現在ある契約を一時的に移動するほうが、お得ではあります。