走行距離はどうやってわかるの?

自動車保険の走行距離割引をうまく利用することで価格を抑えることができます。

 

保険会社に伝える年間の走行する距離はこれから1年間にドライブする距離をイメージして申告することになるのですが、契約する時はオドメーターの累計の距離を自己申告するだけなので、特に金融機関が調査することはありません。

アイランド03

ドライブする距離が短くなれんばなるほど保険料が低くなるなら、例えば1年で2万キロ走る人でも1万キロ未満と申告すればお得そうなものですがこれは認められず、万が一の交通事故の際に申告していた距離と著しく乖離していれば、保険金が支払われない事も有り得ます。

 

契約を更新する時も同様に数値が一致しなければ、プラスで保険料を支払わなければならない事態もでてきます。

 

もしも遠出が重複すれば予想距離をオーバーすることも珍しくないもので、申請したラインを超えた場合は、すぐに金融機関に連絡すれば補償に影響は問題ありません。

 

前述の通り、1年で走行する距離による割引オプションを設けているのはまだごくわずかの金融機関だけで、メインな金融機関の距離区分は、数字が少ないほど保険料は低価格く、ドライブする距離が大きいほど保険料が高くなります。