未分類

走行距離を基準に保険料を割り引くシステムは自動車保険の中では少数派です。

 

どちらかと言えば、使用目的を基準にしているケースが主流なのです。

 

そんな中で専用の情報サービスが登録できるカーナビを利用することにより、実際に走った距離の分だけを保険料に反映させる仕組みを採用している保険会社も登場しています。

ふきのとう

これは今までが距離別割引制度が申告制であったのに対して、カーナビからのデータを元に保険料を算出する実走行距離連動型の自動車保険です。

 

この実走行距離連動型の保険の利点は実際の走行距離の分だけが保険料となる点で、更新の手間も不要になる点です。
保険会社にとっても正確な距離数の把握も可能になり、きめ細かな保険料の算出も可能になります。

 

また、契約者にとっても月単位でみると利用頻度が異なることもあるので、実勢を反映したものとなります。
距離を区分分けしている仕組みでは、それぞれに幅もありますが、実走行距離連動型では距離数のムラがありません。

 

特に週末にクルマを利用する方や帰省を中心に遠出をされる方など、利用頻度の差がある方は向いていると言えるでしょう。
基本の保険料に走行距離分が加わる仕組みであり、ムダがなく合理的な保険料を可能にしています。

自動車保険のリスク細分型の補償に走行距離による割引がありますが、申告して受けることになっています。
この距離を算定する元にしているのがオドメーターです。

 

更新の際にもオドメーターを確認し、契約している内容と相違がないかをチェックします。
もし、走行距離が多くなった場合は超過分が請求されることになります。

アイランド05

また、契約内容との相違が大きい場合は事故を起こしたい際に保険金が下りないことがあります。
超えそうな場合は保険会社に連絡を入れ、契約内容を変更することも大事です。
これは契約の途中でもあっても可能で、いつでもネットからでも変更ができます。
逆に当初よりも少なかった場合は割引されます。

 

この仕組みも保険会社によって異なるため加入時に確認が必要です。
走った分だけというのは合理的な補償ですが、特に向いているのは決まったルートや使用目的でクルマを利用されている方です。
逆に旅行などでクルマをよく利用する方は走行の長さによらない補償が向いています。

 

各保険会社では使用目的で目安を表示していますので、走行に関しての割引の参考にできます。

リスク細分型の特徴ある仕組みの一つで、走行の長さにより事故リスクの度合いを保険料に反映しています。

傷害保険の請求に関しては、一般的に完治してから行います。治療の途中で保険を先にもらうということは基本的にはありません。

 

特例としては、支払いの限度日数を超えている場合で、例えば通院保険は契約を付帯していなければ、事故の日から半年以内までの通院がメインになります。

アイランド04

治療中でも実通院日数が3ヶ月を経過していれば、その時点で保険の申告が可能になる場合もあります。
傷害保険の請求には、提出しなければならない書類と必要ではない書類があります。必要な書類は、保険の請求額や事故の状況、保険プランによって異なります。

 

通常であれば傷害保険の申し込み時に提出しなければならない書類は傷害保険金請求書と同意書になります。損害保険会社のルールにもよりますが、1枚のペーパーで請求書や同意書も兼ねていたりもします。

 

保険の請求ですから、正式な書類が必要なのは当然なのですが、記入したり押印したりする必要があるのはこれらのペーパーがメインで、しっかりと請求しないと保険が受け取れない場合もあります。
その書類には名前、住まい、電話番号、怪我をした日、怪我をした場所、怪我の状況、保険金の口座などを記入して、保険が支払われるのを待ちます。

自動車保険の走行距離割引をうまく利用することで価格を抑えることができます。

 

保険会社に伝える年間の走行する距離はこれから1年間にドライブする距離をイメージして申告することになるのですが、契約する時はオドメーターの累計の距離を自己申告するだけなので、特に金融機関が調査することはありません。

アイランド03

ドライブする距離が短くなれんばなるほど保険料が低くなるなら、例えば1年で2万キロ走る人でも1万キロ未満と申告すればお得そうなものですがこれは認められず、万が一の交通事故の際に申告していた距離と著しく乖離していれば、保険金が支払われない事も有り得ます。

 

契約を更新する時も同様に数値が一致しなければ、プラスで保険料を支払わなければならない事態もでてきます。

 

もしも遠出が重複すれば予想距離をオーバーすることも珍しくないもので、申請したラインを超えた場合は、すぐに金融機関に連絡すれば補償に影響は問題ありません。

 

前述の通り、1年で走行する距離による割引オプションを設けているのはまだごくわずかの金融機関だけで、メインな金融機関の距離区分は、数字が少ないほど保険料は低価格く、ドライブする距離が大きいほど保険料が高くなります。

自動車保険の補償の仕組みはリスク細分型が主流ですが、その一つが走行距離です。
走る距離に応じて保険料が決められているもので、保険の契約の際に年間で走る距離を申告します。

 

また、契約で申告した距離よりも走らなかった場合は次年度に繰り越して割引され、多くなった場合は超過分だけを払うなど、合理的な保険料を実現しています。

アイランド02

走る距離に応じての保険料の算定や割引については保険会社によって違いがあります。

 

ある保険会社では使用目的を基準に算出している他、距離の区分にも差があります。

 

また、走る距離によらない補償の仕組みを提案している保険会社もあり、すべての保険会社で実施していないので注意が必要です。
この距離に応じての掛け金の仕組みは定期的にクルマを使う方はもちろん、週末だけ乗るといった方など、ドライバーの様々なニーズにも合致します。
加えて距離の長さは事故に遭う確率とも関係します。

 

自動車保険は基本的に事故のリスクの高低で保険料が決められています。
走る距離は事故の頻度と密接に絡むもので、保険会社としても算定しやすいものです。

 

加入する側にとっても、クルマの使用頻度に合わせることができる、掛け金と補償のバランスからみてもムダがない点も特徴です。

限定を付けているだけで、自動車保険は保険料が安くなるなどがあります。

 

出来る限り保険料を抑えるのであれば、通常運転するであろう人を対象にして、保険を設計します。

アイランド01

しかし夏休み、実家に帰る期間だけ親の車の制約を外すことができるならば、そのようにして乗りたいというケースもあるでしょう。
こういった場合には、一時的に制約を外すことも可能です。

 

外した期間のみの日割りで計算され、その分を支払えばいいことになります。

 

また自分自身が自動車保険に加入しているならば、他車運転特約が付加されているかもしれません。
これが付加されているのであれば、その特約からもしもの場合は補償を受けることも出来ます。

 

ただし「他車の場合は通常の80%の補償を限度とする」といった制約が付いていることもあり、契約内容100%の補償が受けられるとは限りません。
万全を期すならば、やはり一時的に使用するであろう車の保険内容を変更し、その期間が終わればもとに戻すというのが順当です。
対物と対人に対する補償のみでよく、車両保険は要らないといったときには、一日単位で補償する「自動車運転者損害賠償責任保険」いわゆるドライバー保険もあります。

 

近頃では車両保険にも対応している商品も出ていますが、割高感は歪めません。

 

現在ある契約を一時的に移動するほうが、お得ではあります。

自動車保険は補償範囲を狭めることによって保険料を安くすることが可能ですが、その一つが運転者の限定となります。

 

運転者に制限を設けない全年齢担保が最も保険料が高く、本人限定が最も保険料が安くなります。

 

しかし本人限定では家庭を持つ人の場合には不便ですから、家族限定を設定するのが一般的なのです。契約者や契約者の配偶者、配偶者の親族と契約者の親族に該当する運転者限定となりますが、同居していることが基本条件となる他、別居中の未婚の子どもにも適用されます。

 

親と一緒に住むために住宅を新築するケースもありますが、同居とみなされない場合もありますので注意が必要です。

019807

一般的な住宅では親世帯と子世帯が一緒に住む場合でも、1階に親世帯が住み2階に子世帯というスタイルが多くなります。

 

浴室やトイレ、玄関など共用できるスペースを設けている場合には、同一世帯となりますので同居の親族となります。

 

しかし完全分離型の二世帯住宅の場合は、同じ建物内に住んでいても同居していることにはなりませんので、親族間の運転者限定の対象とはならないのです。

完全分離型とは共用部分が全く無く、玄関から全てが別々になっている状態を言いますので、別居していることと同じとなるのです。

運転者限定タイプの保険には主に3種類あり、普通のタイプは保険に入っている自動車を誰がドライブしても補償が認められるという契約になっています。
これは万が一のことが起こっとときに万全を期すためですが、もちろんオプションを加えなければの話です。

 

ここに当該者を所有しているドライバー限定、年齢条件などを加え、各々に最適な契約に仕上げます。
ドライバー限定には限定ナシ、家族だけ限定制度がアリ、本人や配偶者の限定制限アリのベーシックなタイプが3つあり、なかには本人だけに設定できる金融機関もあります。

 

限定ナシのタイプは家族、他人を問わず、誰がその自動車をドライブしても事故の際は補償が受けることができます。

023410

 

家族限定アリはドライブする人を家族に設定してしまうものですが、ここで指す家族とは血縁関係を指す言葉ではなく、ファミリーとは記名被の保険者、記名被の保険者、またはその配偶者と同居の家族、またはその配偶者と別居している未婚の子供になります。

 

 

ちなみに別居の未婚の子供とは、一般的に一人暮らしの学生や独身の方のことを言います。しかし金融機関によって別居の未婚の子の定義が異なってきますので、実際に締結する際にはこの規約をよく確認しておきましょう。

 

自動車保険(任意保険)の保険料というのは、事故を起こすリスクの大きさによって変わってきます。事故が起きる確率が低ければ保険料は安くなりますし、確率が高くなれば保険料も高くなります。

 

 

そこで、確率を低くする条件の一つに「運転者限定」があります。誰が運転するか分からない不特定多数の人が運転するような状況より、運転者が限定されていた方が事故の確率が低くなるため、保険料が安くなります。等級によっては、1万円以上割引になることもあります。

006241

 

そして、限定の対象になるのは主に、「本人」、「夫婦」、「家族」の3タイプがあります。ただし、運転者を限定すると、友人や親戚がその車を運転して起こした事故は当然補償されなくなります。

 

 

ちなみに、自動車保険で言う「家族」というのは血縁関係には関わらず、契約者本人と同居親戚、別居の未婚の子を指しています。従って、親であっても別の家に住んでいれば対象になりませんし、自分の子どもであっても結婚して別居していれば補償を受けられません。
 

ところで、たまに帰省してくる家族のために運転者を限定していないことがありますが、そういう場合は限定付きで契約をしておいて、家族が帰省してくる日程だけ「限定を外す」という方法があります。その期間の保険料は日割り分で支払うことができます。