賃貸から引っ越すときには、いくつかの注意点があります。まず、予め大家さんに告げておくことです。退去後の処理や、家賃などにも関係するので忘れないようにしましょう。何年か住まないと、よそに移れない契約になっていることもあるので、確認しておきましょう。これを破ると、場合によっては賠償が必要です。また学生が寮から中途半端な時期に出て行く時は、しっかりと管理人さんに相談して下さい。止む負えない場合を除き、住み続けないといけないことがあります。最後に、立ち退いた後はしっかりと掃除をして下さい。これは社会のマナーです。ただ稀に、もう取り壊すなどの理由で必要がないこともあります。

学生の引越しは、基本的に荷物が多いと失敗します。特に大きなものを持って行くと、入らないこともあります。ある程度落ち着くまでは、必要最低限で生活するのがいいでしょう。そうして足りないものはその都度購入したり、送ってもらったりしましょう。一番注意したいのが、趣味のものです。収納スペースに余裕があれば別ですが、ないのなら置かないほうがいいでしょう。ただ保管場所を別に確保できるのならば、そうするのも手です。例えば、サイクリングが好きという人なら、駐輪場を借りれば解決します。経験者にも聞きながら、進めて行きましょう。

学生なら初めての引越しという人も多いでしょう。そういう場合は特に、移転先にどんなものがあるのかを、よく確認し検討して下さい。まず、インターネットの回線です。個人で引くのか、すでについているのかなどの違いがあります。最近は光回線がおおいですが、違うところもあるので見ておきましょう。次に防犯対策です。しっかりとされていると、安心して暮らせます。他には、共有設備です。生活以外にも、趣味で使えたりしますのでよく考えて選んで下さい。また、スーパーや図書館などと言った近くの施設も考慮に入れましょう。自分に必要なものがあるところを探して下さい。学割を使うと、良い賃貸が借りられるのでそれも使用しましょう。